脱マンネリ化 その後夏バテに・・・

連続更新14日目です。

 

 

 

今日は、今まで読んできた本のことを言語化してきたのですが、最近この暑さのせいで思うように読書が進まないのです。

 

 

ちょっとこの現象に関して言語化してみたかったので、書いていこうと思います。

 

 

 

思えばこのオリンピックの連休明けから一気にだるさが増しています。

 

 

 

おそらく、この連休のせいで気が緩んだというのもあると思います。

 

 

 

僕の連休の過ごし方ですが、会社の集まりでバイクツーリングに行こうということになり、丸一日外に出ていたり、副業の為にずっと外をドライブしていたので、慣れないことをしたせいか、月曜日がすごくだるかったのを覚えています。

 

 

 

 

やはりいつものルーティンみたいなものがあるのでしょう。

 

 

 

それを崩す行動をすると、休み明けってものすごく疲れます。

 

 

 

それだけ脳に刺激が行っているとも言えますが・・・

 

 

 

というのも、この連休は、自分にとって、かなり充実感のあるものになりました。

 

 

ブログを始め、今まで無かった経験をすることができたからです。

 

 

特に社会人になって、新しい経験をすることってどんどん少なくなっていきますよね?

 

 

 

これって、脳にとってすごく良くないことだと思うのです。

 

 

 

自分の中の殻に閉じこもっていくというか、単純に老化して言ってるんでしょうね。

 

 

 

例えば、若い頃は、新しいことに常に触れていた毎日だったと思います。授業にしても日々新しいことを学ぶし、部活にしても、試合会場はいつも新鮮な気持ちで入ることができました。

 

 

 

そして人間関係ですが、あれほどの人数が毎日集まる空間というのは学校を卒業すると早々ありません。

 

 

 

昔は、自転車で遊びにいくのでさえ、希望に満ち溢れていたはずです。

 

 

 

それが、今は会社の人間と仕事をすることしか考えていないのです。

 

 

 

勿論仕事も、僕の場合は、メンテナンス業なので、いつもおんなじことばかりというわけではないのですが・・・

 

 

 

そう言った意味では、サラリーマンこそ、休日は新しい経験をしてほしいと思いました。

 

 

 

多少休日明けはしんどいのですが、それは脳にとってすごくいい刺激となるはずです。

 

 

 

それでは、今日はこの辺で失礼します。