新しい出会いをすると人生が前に進む話

2021/09/21(tue)

連続更新66日目

 

 

最近積極的に今まで遊ばなかった人と積極的に会ってみた

今まで、僕はいつも一緒の人間とばかり遊んでいました。

 

 

人付き合いが苦手というのがあります。

 

 

どうしてもあまり合わない人と会うのは緊張してしまって、まともに会話する事ができなくなっていたからです。

 

 

俗に言うコミュ障と言うやつです。

 

 

最近はそれも克服してきました。

 

 

とはいっても別に喋りが上手くなったわけではないです。

 

 

喋れない自分に対して、「向いてないのだからしょうがないじゃないか」と割り切って考える事ができるようになったのです。

 

 

これをみている方に自分がコミュ障で困っていると言う方もいるかと思いますが、安心して欲しいのは、人というのはあなたに興味を持っていません。

 

 

スキの反対語はキライではなく、無関心です。

 

 

基本的に、人間関係というのはここから始まりますので、いきなり嫌われるということはないです。

 

それと、どんなに人気者でも、必ずアンチは発生します。

 

 

人間というものは総じてそういうものだと思ったほうが人生楽です。

 

 

と、このように、最近ずっと自分を変える為に、読書などで人間関係に関する知識を1〜2年かけて、学習してきました。

 

 

そうすると、新しい刺激を求めて、新しい人間関係を築きたくなってくるのです。

 

 

先日、会社の人とバイクツーリングをしてきました。

 

 

今までなら、職場の人とプライベートな付き合いをするというのは考えられませんでした。

 

今でこそ、そこそこの結果が出せるようになってきましたが、昔は仕事できないやつ認定されていたので、職場がキライだったからです。

 

 

ただ人間って、結構多面的であったりするものです。

 

 

仕事ではぶっきらぼうだけど、プライベートでは意外とフランクだったり、ということは結構あったりします。

 

 

多分自分もなんですが、プライベートと仕事では自分の中のスイッチを切り替えているという自覚があります。

 

 

それと同じものが他の人にあったとしてもなんらおかしい話ではないのです。

 

 

 

今までなら入らない情報が入ってきた

というわけで、今回は1日ツーリングに行ってきたのですが、なかなか楽しい1日でした。

 

 

 

 

 

猛烈に価値観が変わりつつある件

 

 

 

 

夜更かししてしまうときの対策

2021/09/20(mon)

連続更新65日目

 

夜更かししてしまう理由

皆さんは、どうしても夜寝られない、朝起きられないという事はありませんか?

 

僕も時間にルーズなタイプでして、どうしても夜ダラダラ過ごしてしまったり、YouTube

を見続けてしまったりという事があります。

 

 

これらはどうして起こるかというと、大抵疲れていないか、頭を使った作業をしていないからだと僕は思っています。

 

 

基本的に、人間は疲れたら眠るようにできています。

 

 

眠れないという人は、精神的な病を抱えている人を除いて、大抵このパターンです。

 

 

と、いう事はいい睡眠をする為には頭と体を使えばいいという事になります。

 

 

どうにも眠れないという人は、あえて寝る事を諦めて散歩をしてみましょう。

 

 

適度な運動をすると、気分が変わって寝る事ができるようになります。

 

 

 

あと、光を夜中に見ることはやめたほうがいいです。

 

 

人間には光を見ると目が覚めるという性質がもともと備わっています。

 

 

特に夜中にYoutubeやストリーミングサービスをダラダラみてしまう人は要注意です。

 

 

特にYoutubeは中毒性が高く、次から次へその人に合ったおすすめ動画を紹介してくるので、やめられなくなってしまいます。

 

 

僕はこの中毒性はゲームを超えると思っています。

 

 

それほど最近のYoutubeは危険です。

 

 

用法要領を守って正しく扱いましょう。

 

 

寝る時間を決めよう

夜更かし対策としてはいろんな方法がありますが、僕は見出しの通り、まず寝る時間を決めてしまうというのがおすすめです。

 

平日だろうと、休日だろうと、僕は22時には寝るように決めています。

 

 

もうそれをルーティンとして体に刻み込んでしまうのです。

 

 

要するに、風呂に入ってなかろうが、ご飯を食べてなかろうが関係なく、10時には床に着く。

 

 

これを徹底しています。

 

 

こうする理由は、寝る為のハードルを下げる為です。

 

 

寝なきゃいけないと思った時が仮に10時だとして、そこから夕飯を食べて、お風呂に入ってとしていると、寝る時間は11時くらいになってしまいます。

 

 

 

しかも、夕飯を食べてしまったら体の中では消化が始まります。

 

 

その状態で寝てしまったら、消化によくない、おまけに人によっては胃がもたれて眠れないという方もいると思います。

 

 

お風呂も、入ると一時的に目が覚めます。そこから1時間位かけて体温が下がると、眠くなってくるのですが、それをするとまた夜更かしの原因になってしまいます。

 

 

 

あと、これが1番の理由なのですが、だらだら夜更かししてしまう人は基本ズボラな人です。

 

 

 

そんな人がお風呂に入って、夕飯食べて寝るという行為自体ハードルが高いのです。

 

 

 

であれば、もういっそのこと何も考えずに床に入るというのがおすすめです。

 

 

 

そして、床に入ったら電気を消して、できるだけ光をシャットアウトしましょう。

 

 

スマホもダメです。

 

 

でも、触りたくなってしまうものですよね?

 

 

 

僕もその気持ちはわかります。

 

 

そこで、おすすめなのはポッドキャストなどのネットラジオを15分タイマーを掛けて垂れ流しにしておくというのがおすすめです。

 

 

特に、学習系ではなく、オールナイトニッポンなどあまり難しくない内容のラジオを流すのがポイントです。

 

 

英会話やニュースなどの難しい内容を流すと、頭が思考を始めてしまって眠れなくなるので、なるべく頭を使わなくても理解できるものを流しましょう。

 

 

 

それでも、眠れない場合は気分を切り替えて散歩をします。

 

 

夜風に当たっていると、気分がスッキリするので、比較的眠りにつきやすくなると思います。

 

 

ここでもポイントはスマホなどの光を目に入れない事です。

 

 

音声コンテンツを活用しましょう。

 

 

まとめ

今回のポイントをまとめてみました。

 

❶日中に適度に体と頭を疲れさせておくこと。

 

❷寝る時間を固定して、そこを過ぎたら何も考えずに寝る

 

❸床に着いたら光はシャットダウン、ラジオをタイマーを掛けて聞く。

 

❹それでも眠れなければ、散歩をする。

 

 

 

でした。

 

では、今回はこの辺で

レンタルバイクでマスツーリングしてみた。

2021/09/19(sun)

連続更新64日目

 

 

今日は秋吉台までツーリングに行く予定になっています。

 

ちょうどいいのでその事に関して書いてみる事にしました。

 

マスツーリングしたいけどバイクが無い!

皆さんもこんな経験あるのでは無いでしょうか?

 

 

結婚を機にバイクを降りたとか、いつもバイクが手元にあるわけでは無いですよね。

 

 

 

僕も今回はそうでした。

 

 

維持費を下げるために乗っていた原付を全て処分してしまった為です。

 

 

しかしとある集まりで、バイクツーリングに行く計画が進んでおり、僕の方にも

回ってきました。

 

 

断ってもよかったのですが、最近レンタルバイクというのが流行っているようなので、

ちょうどいいからこの機会に利用してみようということでバイクを借りる事になりました。

 

 

 

 

プラットフォーム探し

バイクを借りる為には貸してくれるところのプラットフォームを探さなければなりません。

 

 

今回利用したのはモトオークさんのレンタルバイクです

 

リンクを貼っておきます。

 

https://rental.moto-auc.com/?gclid=EAIaIQobChMIlJKl1teJ8wIV7sIWBR29IAg8EAAYASAAEgJH1PD_BwE

 

 

ここのホームページを見て特徴的な所は、

会員登録を推してこないという所です。

 

 

 

1回限りのレンタルでも気軽に借りれる

感じでした。

 

 

その割には電話も要らず、ネットだけで完結

します。

 

 

複雑なやりとりがないので、比較的使いやすいプラットフォームだなぁという感じです。

 

 

ただ、ネットでのクレジットカード決済はやめておいたほうがいいです。

 

 

というのも、プラットフォームの中でバイクを借りるわけですが、実際にバイクを貸してくれるのはそこと提携しているバイク屋です。

 

 

そのバイク屋によってもやり方が微妙に違ったりするわけです。

 

 

例えば、多少の擦り傷くらいならうちは気にしないから、この保証は使わないほうがいいよーとか、微妙に値引きしてくれたりとかあるみたいです。

 

 

もちろん店によるので、それを目的にするのもどうかとは思います。

 

 

しかし、実際にバイク屋さんに行って、そこで説明を受けて納得した上でお金を払うのが流れとしては自然ですし、余計なトラブルも少ないのでは無いかと思いました。

 

 

 

 

実際に借りてみた

案ずるより産むが易し、ということで実際に借りてみました。

 

 

 

まずは車種を決めます。

 

 

料金は排気量が上がるにつれて高くなっていきます。

 

 

僕が借りたのは、ヤマハのNMAXです。

 

125ccのスクーターになります。

 

 

一緒に走る人の中に50ccの人がいたので、下道しか走らないのであれば大丈夫という判断です。

 

 

車種が決まったら、次はレンタル時間を決める事になります。

 

 

僕は、マスツーリングで使うため前日の夜借りて24時間後に返すというプランにしました。

 

 

朝バタバタするのを防ぐ為です。

 

 

1人や気心の知れた人間といくツーリングならまだいいのですが、多人数でのツーリングであればこうした気遣いも必要でしょう。

 

 

時間を決めたら、あとは細かい保証をつけるかどうかという話です。

 

 

基本的にモトオークでは、対人、対物の保証はついているようです。

 

 

ただし、対物に関しては1000万(免責5万)になるので注意が必要です。

 

 

免責5万というのは、5万円以下の他人のものを壊したら、自分で払ってください。

 

 

5万円以上の他人のものを壊したら5万円は自分で払ってください、それ以上は1000万円まで保険会社が払いますという事です。

 

 

 

本当は無制限がいいのですが、この辺はここで借りる以上どうしようもないので、この条件に納得できないのであれば、借りないというのも選択肢としてはありです。

 

 

この辺は実際にバイク屋かモトオークに聞いてみるほうがいいかと思われます。

 

 

実際に掛かったお金

 

実際に借りてみてかかった金額は7700円です。

 

125ccバイクの24時間レンタル料が6700円+免責補償というオプションを付けたのですが、これが1000円かかりました。

 

 

合計で7700円です。

 

 

正直この免責補償というのは僕もよく理解できなかったです。

バイク屋さんもこの説明には毎回時間がかかってしまうという事でした。

 

 

ちなみに、もう一つ上のクラスのバイクだと値段はほぼ倍になります。

 

ヤマハ YZF-R3

 

24時間レンタル13500円+免責補償2000円

 

合計15500円です。

 

 

 

このように、排気量が違うだけでここまで差が出ます。

 

 

目的をはっきりと見定めて、ご利用する事をお勧めします。

 

 

 

 

実際に借りて走るまで

実際に予約して、店舗で手続きをしていってらっしゃいとなるのですが、店舗までの移動手段は店舗に相談したほうがいいでしょう。

 

 

店舗まで車で行って車の置き場が無かったという事態は避けたいです。

 

 

お店の人には電話、もしくはメールでこの辺の確認をしておく事をお勧めします。

 

 

その確認が取れればあとは車体の説明を受けて出発するだけです。

 

 

ヘルメットとグローブを忘れないように持参して快適にライディングしましょう。

 

 

ちなみに、持ってない方はレンタルもできるようです。

 

 

 

ツーリングに行ってみて

実際に走ってきました。

 

 

今回は秋吉台まで行ってきました。

 

 

道のり的には300キロほどのツーリングになります。

 

 

実際に走ってみての感想は、まぁ軽量なスクーターなので、あまり取り回しに困ることもなく帰ってくる事ができましたが、重たいバイクであれば、道は選んだほうがいいだろうと思いました。

 

 

借りたバイクなので、扱いには慣れていませんし、対人、対物はついているのですが、立ちごけなどの自損事故については基本的に保証がついていないからです。

 

 

転倒しなければどうということはないのですが、そもそもバイクの扱いに慣れていない方や傷ついたバイクを修理する金銭的な余裕のない方は利用を控えたほうがいいかも知れません。

 

 

 

それと、やはりツーリングの段取りは重要になります。

 

 

というのも、レンタルバイクには時間制限があるからです。

 

 

 

店舗が空いている時間内に返さなければ延滞料が取られてしまいます。

 

 

あまり気にしすぎて急いで事故をしてもいけないので、そこまでシビアに考えるのは良くないのですが、気にする事が増えると、人間というのは余裕がなくなります。

 

 

その辺はデメリットになります。

 

 

もちろん、事前に連絡さえしておけば、お店側も対応してくれると思うので、迷わず一報する事をお勧めします。

 

 

それと、返すときは燃料満タンが条件です。

 

忘れないように給油しておきおましょう。

 

 

 

 

まとめ

レンタルバイクを借りるために必要な手順をまとめておきます。

 

❶プラットフォーム探し

 

❷店舗の立地と店に借りる前に大雑把な説明を電話で聞いておく

 

❸実際にネットで借りてみる(その際オススメの決済方法を店側に聞いておく)

 

 

 

これぐらいですね。

 

あとはバイクを返すときに忘れ物がないよう、もう一度よく確認して店を出るようにしましょう。

 

 

 

今回はありがとうございました。

ものを所有することに価値がなくなっている話

2021/09/18(sat)

連続更新63日目

 

 

 

おはようございます。

 

 

最近原付を探しています。

 

 

というのも、ひとり暮らしをしたくて、駅近の安い物件を探しているのですが、安い物件になると、駐車場がなかったりするのです。

 

 

車は好きですが、僕も収入が高いわけではないので、できれば住むところにお金はかけたくないです。

 

 

そこで、原付を購入し、車を手放そうかと思っています。

 

 

昔は、FRのスポーツカーじゃないと嫌だ、と言うこだわりを持っていたこともあったのですが、この10年ほどで価値観は変わってしまったとひしひし感じております。

 

 

そこで、今日はモノを所有すると言うことについての価値観の変化について語っていきたいと思います。

 

モノを所有するということの価値観の変化

僕はこの記事を書いている時点で、29歳になる男です。

 

 

簡単に経歴を書いていくと、今まで旅行を除き地元から出た事はなく、高校を卒業してからは、ずっと同じ会社で惰性で働いています。

 

 

最近でこそ、自分の生き方や自分の社会的な存在意義に関して

考えるようになったので、仕事でそこそこの結果は残せるように

なってきましたが、そうは言ってもここ2年くらいの話で、それまでは

趣味のモータースポーツにお金と時間を注ぎ込んでいかにコンマ1秒を削るかに

生活の大半を捧げていました。

 

 

その為に、オイル交換は自分でやっていたし、車高長のバネ交換も自分でやったりと、まるで車屋さんのような事をやっていたりしました。

 

 

その為にいいジャッキを買ったり、オイルをペール缶で買ったり、ホイールは予備が3セットほどあったりと、今考えるとよく僕にここまでのスペースを使わせてくれたと両親には頭が上がりません・・・

 

 

ですが、最近は価値観が変わりまして、餅は餅屋という言葉がありますが、効率のことを考えると、プロにやって貰った方がよかったりする事があるのです。

 

 

例えばオイル交換にしても、まずは交換を行う場所の確保が必要です。

 

 

僕は実家でやっていましたが、その度に家にある車をいったん出してスペースを確保するという事をやっていました。

 

 

スペースを確保したら、必要な道具の選定と交換するまでの運搬作業があります。

 

 

これがけっこう手間で、ジャッキとかアルミでもそこそこの重量がありますし、家の外壁や車に当ててしまうと間違いなく凹みができます。

 

 

そしてようやくオイル交換にかかれるのですが、家のガレージでやるので、オイルをこぼしたら大変なことになります。

 

 

そこに気を使うのも正直苦痛でした・・・

 

 

 

 

車をいじるというのはけっこう手間と時間がかかるのです。

 

 

 

その分工賃がかからないから安く上がるのかというと、そうではなくて道具を一式揃えようとすると、それなりのお金は結局掛かります。

 

 

 

おまけに素人の作業になりますので最初はすごく時間が掛かります。

 

 

 

おまけに作業によっては車が落ちてくる危険性もあります。

 

 

 

このように、1から自分で全てを揃えるというのは効率が悪いのです。

 

 

 

このような経験を若い頃にしたからというのもあり、最近は人にやってもらうという事を

非常に有り難く感じていると共に、積極的に利用させてもらっています。

 

 

 

昔は、工具等を集めるのも趣味でしたが、現在はほぼ処分してしまいました。

 

 

思えばこの頃から所有するということに価値を感じなくなっていった気がします。

 

 

 

結局のところ、目的>手段なんですよ。

 

 

 

目的さえ達成できれば、手段というのは二の次になるのです。

 

 

 

僕の場合、元々グランツーリスモというゲームから車が好きになりました。

 

 

だから、運転することやパーツの変更による挙動の変化には興味があったのですが、自分で車を弄るという事に関してはあまり興味がなかったみたいです。

 

 

という事は、整備はむしろ知識のあるメカニックにお金を払ってセッティングして貰った方が効率は良かったのかもしれませんね。

 

 

 

今となってはもう現役引退してしまったので後の祭りなのですが・・・

 

 

 

話が脱線してしまいましたが、昔は自分で道具を揃えて、なんでも自分でこなすというのが美徳とされてきました。

 

 

昔は、そういう細かい注文を受けてくれるショップも少なかったでしょうし、そもそもそういう情報が出回りにくかったからです。

 

 

しかし、現在は情報社会です。

 

 

調べれば、いくらでもショップや代行業者が見つかります。

 

 

場合によっては、サーキットを走るためにチューニングした車をレンタルすることも可能なようです。

 

 

これらを活用するのが今からの主流になっていくのかなと思います。

 

 

 

 

 

シェアリング、レンタルサービスの普及

僕が車を手放す事になった決め手です。

 

 

ここ最近はそこそこ田舎の方でも、駅の近くであればカーシェアが普及してきました。

 

 

昔はレンタカーしか選択肢がなかったので、ネットだけで気軽に借りれるというのは

素晴らしいと思います。

 

 

もちろん予約は必要ですし、ステーションが近くにないと利用しづらいというのはあります。

 

 

しかし、賃貸を借りる場合はそもそも駐車場を借りるのが高いので、よっぽど大荷物を日頃から運搬するということでもなければ、こちらを借りた方がよっぽど楽です。

 

 

シェアなので、基本的にはメンテナンスする必要はありません。

 

 

という事は、車に詳しくない方でもそこを機にする必要がなく乗れるわけです。

 

 

自分で車を持つとこうはいきません。

 

 

車は消耗品の塊です。

 

 

まず最初に動かすためにガソリン代が掛かります。

 

 

 

オイル交換は定期的に行わなければなりません。

 

 

タイヤも溝がなくなってきますし、ゴム系の部品はたいてい5年くらいでガタが出てきます。

 

 

 

これらを整備するのが好きな方はいいですが、大半の方はそうではないです。

 

 

知識として知らない方もいると思います。

 

 

 

そういった点では、基本的にノーメンテで乗れるシェアサービスはかなりお得だと思います。

 

 

契約する業者にもよりますが、タイムズであれば、ガソリン代も向こう持ちらしいので、支出管理という面でも簡単になるかもしれませんね。

 

 

 

買うより借りる方が簡単になってしまっている

先程のカーシェアに限らず、レンタルスペースなど、いろんなものがスマホ一台あれば借りたり、シェアしたりできる時代になってきています。

 

 

昔は、レンタルしようとすると、代理店に行って契約書書いてと手間がかかったり、そもそもサービス自体がないということもありましたが、もうそういう時代は終わりました。

 

 

 

これからは、デジタル化が進んでいくつれて、このようなサービスはどんどん増えていくと思います。

 

 

そのうち、住まいすらスマホ一台で借りたりする事ができる時代がくることもあるかもしれませんね。

 

 

 

そんな感じで、今回はものを所有する事に価値がなくなっている話を車好きの視点で語ってみました。

 

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

夜更かししても朝スッキリ起きる方法

2021/09/17(fri)

連続更新62日目です。

 

 

おはようございます。

 

今日も1日頑張っていきましょう。

 

 

夜寝る時間が遅くなっている

今日を含めて、ここ3日ほど就寝時間が深夜を回っています。

 

 

最近移動手段としてスクーターを探していまして、そのレビュー動画を仕事帰りに

見ていたら、いつの間にか6時間くらい立っていますw

 

 

 

私は、移動手段に対して病的なまでのこだわりを持っているので、そこは

諦めている部分もあるのですが、流石に1週間これを続けると仕事に支障が出そうなので、この土日を使ってなんとかしたいと思っています。

 

 

ただ、3日ほどであれば大した支障が出ていないので不思議なところです。

 

 

 

今日は、そこについて深堀していきたいと思います。

 

 

 

起きる時間を固定化する

僕が、朝スッキリと起きれる理由は、起きる時間を固定しているから、というのが

最も大きな理由です。

 

 

というのも、僕は基本5:14分にアラームをセットして、平日でも休日でも

関係なく起きると決めています。

 

 

この、起きる時間を固定化するというのはルーティン化の力を借りています。

 

 

 

人間は1度ルーティンとして体に染みついた行動をしないことを嫌います。

 

 

朝起きて顔を洗う、とかご飯を食べたら歯を磨きますよね?

 

 

それと同じで、その時間になると起きないと気持ち悪いというところまで、起きる時間を

体に染み込ませます。

 

 

ということは、土日だからといって、起きる時間を変えていてはダメなのです。

 

 

基本、人間は朝起きたら水を飲む、という行動でもルーティン化には2週間ほど

かかるようです。

 

 

 

ということは、5日ごとに行動を変えていてはルーティン化ができないのです。

 

 

というわけで、起きる時間は固定してください。

 

 

 

 

朝起きたら簡単な事から、徐々に難しい作業をする

僕の場合、朝起きたら

アマゾンミュージックのラジオ体操第一を

流す事をルーティンとして取り入れています。

 

 

 

音楽を流すだけですから、あまり難しい事ではないですね。

 

 

音楽が流れ始めたら、ラジオ体操を実際にします。

 

 

小学生の頃から知っている体操だと

思うので、これだけなら簡単にルーティン化出来ると思います。

 

 

 

ラジオ体操をすると、睡眠時に固まった

カラダがほぐれてきますので、そこからブログ

を書いていきます。

 

 

このように、簡単な作業をして下さい。

 

 

特に、ラジオ体操のように1度再生ボタンを

押したら勝手にカラダが動くような

馴染みのある作業がベターだと思います。

 

 

そこから徐々に頭を使う作業にシフトして

行くと勝手に目が覚めてきます。

 

 

 

 

 

 

 

なるべく考えないよう簡潔化と自動化しておく

 

僕は、朝の着替えは1週間分を全て

ハンガーに掛けて置いてあります。

 

 

逆にそれ以上の余計な服は持ちませんし、

服をたたむという行為もしません。

 

 

朝起きたらハンガーにかかっている服をひとつ選んで脱いだ服は洗濯カゴにぶち込みます。

 

 

洗濯は週に1回で済みますし、服に悩むことが無くなります。

 

 

それと、僕の朝ごはんはグラノーラと豆乳、プロテインと完全に固定しています。

 

 

 

今日の朝ごはんは何にしようと悩む事は

ありません。

 

 

 

調理もしませんから、僕が朝食に掛かる

時間は10分くらいです。

 

 

 

このように、余計な選択肢を排除して

ただ作業をするだけで出勤までたどり着く事ができます。

 

 

大事な事なのでもう一度言います。

 

 

選択肢を排除するのが大事です。

 

 

 

 

まとめ

 

 

❶起きる時間を固定化する。

平日、休日関係なく同じ時間に起きる

 

❷朝起きたら簡単な事から作業する

ラジオ体操程度の簡単なタスクから徐々に

難しいタスクに移行する。

 

❸なるべく考えないよう簡潔化と自動化しておく

服は1週間分だけハンガーに掛けて

あとは全捨て。

 

 

食事は栄養食品で固定して、最短で済ます。

 

 

でした。

 

 

 

参考になれば幸いです。

 

ノートPCにマウスは要らない

2021/09/16(thu)

連続更新61日目です。

 

 

 

 

ノートPCでマウスを使う人は損をする

皆さんはノートPCを使う時にマウス使ってますか?

 

僕はノートPCでは、マウスは断固として使わない派です。

 

というのも、マウスを使うと余計な動作が

増えて効率が悪くなってしまう事が

よくあるからです。

 

 

ノートPCは性質上持ち歩いて出先で使ったり

ということがある

 

そもそも、ノートPCにはマウスが無くても

動作が完結するようにトラックパッドという

便利なツールがそもそも付いています。

 

 

 

トラックパッドだと画面のスクロールが

大変だという方もいると思いますが、2本指で

トラックパッドを上下スライドさせる事で

画面のスクロールは出来ます。

 

 

 

もっと言えば、2本指で左右に指を

スライドさせるとブラウザバックと

ブラウザフォワードが出来ます。

 

 

ぞくに言う進む、戻ると言う行為ができます。

 

 

 

これだけでもマウスの基本的な操作は

ほぼ完結しているといっても良いと思います。

 

 

 

というより、慣れるとこっちの方が速いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ショートカットを使おう

僕はあまりショートカットに強い方では

ありません。

 

 

それでも、コピーアンドペーストくらいは

ショートカットキーを使います。

 

 

Macだと

Command+X(カット)

Command+C(コピー)

Command+V(ペースト)

 

です。

 

 

これが使えるだけでも、日頃ネットサーフィンする程度であれば、何とかなると思います。

 

 

 

まとめ

ノートPCでは、トラックパッド

ショートカットキーを使ってマウスなしで

使用しましょう。

自分用にカスタマイズしよう

2021/09/15(wed)

連続更新60日目です。

 

 

 

 

今日は、仕事や私生活で使うもののカスタマイズについて紹介していこうと思います。

 

 

 

断捨離にもつながるし、効率化を求める為には必要不可欠なスキルです。

 

 

覚えておきましょう。

 

 

僕もそうなのですが、道具ってどんな高いものでも、使い方によってはあまり使い勝手が良くなかったりということは結構あったりします。

 

 

 

そのような道具をそのまま使い続けていたら、その作業が10回や100回と繰り返すごとにロスが発生することになります。

 

 

 

こういうロスが、仕事では結構致命的です。

 

 

1回では1秒のロスだとしても100回繰り返せば100秒ですからね!

 

 

こういうロスは徹底的に減らしたいですし、結果を残す人はこのようなロスを

基本的に嫌います。

 

 

では、どうすればいいのか?

 

 

例えば、PCのマウスの移動速度を最速にしてみましょう。

 

 

マウスの移動速度は速くするほど、物理的なマウスの移動量を減らす事ができます。

 

 

これでワンクリックするのに1秒稼げれば、それだけで

仕事が圧倒的に速くなります。

 

 

 

1つ1つは本当微妙なものなのですが、こうしたカスタマイズを

ひたすら繰り返しましょう。

 

 

時にはそれが逆効果になることもあるかもしれませんが、

その時はその時ですので、恐れずに試してみましょう。

 

 

試すというのが1番大事です。

 

 

日本の人って、試すということをあまりやりたがりません。

 

 

「今までこうだったのだからこうだ」と何かと前例を探してきて

それにならおうとします。

 

 

時と場合にもよるのですが、それではいつまで経っても

前に進むことはできません。

 

 

そのための練習として、自分の道具をカスタマイズするというのは

1番ハードルが低く、かつ効果的な行動だと思います。

 

 

 

今回はこの辺で終わろうと思います。

 

 

ありがとうございました。