新しい出会いをすると人生が前に進む話

2021/09/21(tue)

連続更新66日目

 

 

最近積極的に今まで遊ばなかった人と積極的に会ってみた

今まで、僕はいつも一緒の人間とばかり遊んでいました。

 

 

人付き合いが苦手というのがあります。

 

 

どうしてもあまり合わない人と会うのは緊張してしまって、まともに会話する事ができなくなっていたからです。

 

 

俗に言うコミュ障と言うやつです。

 

 

最近はそれも克服してきました。

 

 

とはいっても別に喋りが上手くなったわけではないです。

 

 

喋れない自分に対して、「向いてないのだからしょうがないじゃないか」と割り切って考える事ができるようになったのです。

 

 

これをみている方に自分がコミュ障で困っていると言う方もいるかと思いますが、安心して欲しいのは、人というのはあなたに興味を持っていません。

 

 

スキの反対語はキライではなく、無関心です。

 

 

基本的に、人間関係というのはここから始まりますので、いきなり嫌われるということはないです。

 

それと、どんなに人気者でも、必ずアンチは発生します。

 

 

人間というものは総じてそういうものだと思ったほうが人生楽です。

 

 

と、このように、最近ずっと自分を変える為に、読書などで人間関係に関する知識を1〜2年かけて、学習してきました。

 

 

そうすると、新しい刺激を求めて、新しい人間関係を築きたくなってくるのです。

 

 

先日、会社の人とバイクツーリングをしてきました。

 

 

今までなら、職場の人とプライベートな付き合いをするというのは考えられませんでした。

 

今でこそ、そこそこの結果が出せるようになってきましたが、昔は仕事できないやつ認定されていたので、職場がキライだったからです。

 

 

ただ人間って、結構多面的であったりするものです。

 

 

仕事ではぶっきらぼうだけど、プライベートでは意外とフランクだったり、ということは結構あったりします。

 

 

自分もなんですが、プライベートと仕事では自分の中のスイッチを切り替えているという自覚があります。

 

 

それと同じものが他の人にあったとしてもなんらおかしい話ではないのです。

 

 

 

今までなら入らない情報が入ってきた

というわけで、今回は1日ツーリングに行ってきたのですが、なかなか楽しい1日でした。

 

 

面子としては、ほぼ会社の関係なので、知り合いではあります。

 

 

ただ部署が違ったりという事で、プライベートな話をする事はほぼ無かった関係でした。

 

 

 

それが、ツーリングに行くとなるとバイクの話題が8割型になるので、その人の趣味とか、どこにツーリングに行くのかという話題しか基本的に出てきません。

 

 

 

いつもの堅苦しい感じはないです。

 

 

この感覚は非常に新鮮でした。

 

 

仕事の関係でも、会う場所が違うとここまで雰囲気が違うものかと少し違和感を覚えるほどでした。

 

 

あまり会社に依存しすぎるのもどうかとは思いますが、1度や2度くらいはこういう集まりに参加してみるのも面白いものです。

 

 

 

ただ、自分が興味のあるジャンルである事は大前提です。

 

 

あくまでも自分主体で、その集まりを利用するくらいの感覚で行きましょう。

 

 

猛烈に価値観が変わりつつある件